★地元から医師が目指せる!?九州の医学部予備校事情を徹底研究!!★

Posted on

医学部予備校といえば、東京や大阪のイメージが強いのではないでしょうか。実際に当該地域には数多くの校舎が集まり、合格実績が高い予備校も沢山あります。ただし、九州から都会へ出て勉強するとなると別途生活費が掛かってしまいます。ただでさえ医学部予備校の学費は高く、年間300万円から500万円かかることも珍しくありません。それに加えて寮やアパートを借りるとなったら、都市部は物価が高いので100万円以上の費用が上乗せされてしまいます。医学部に合格して医師になれば容易に回収可能な費用ですが、可能であれば地元九州に残って勉強するのが一番ではないでしょうか。九州は大手予備校のイメージが強いですが、医学部予備校も地域密着型の指導で毎年コンスタントに合格者を輩出しています。校舎は福岡に集中しており、合格実績も九州圏内の医学部に強いのが特徴です。九州には、旧帝大の九州大学を筆頭に、医学部として歴史の古い熊本大学、長崎大学、久留米大学の名門校が数多くあります。したがって、地元の医学部を目指す受験生には九州の医学部予備校はおすすめです。医学部入試は、地理に関係なく全国の受験生が志願してくるため、豊富な受験データと合格実績を持つ九州の医学部予備校で対策することは、それだけ他県のライバルに差をつけることが可能となります。いっぽう、首都圏や関西の医学部を目指す人でれば、当該エリアにある医学部予備校が実績は高いため、そちらで勉強するのがおすすめです。志望校に近い立地で勉強できれば、説明会やオープンキャンパスなどにも勉強の空いた時間を使って利用できるなどメリットがあります。したがって、自分が目指す志望校がある土地の医学部予備校に通うのがおすすめでしょう。

FireShot Screen Capture #133 - '九州で受験勉強!医学部予備校の選び方' - kyushu-medilabo_com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です