★セブ島留学で短期間に英語力を身につけよう!リゾート環境で楽しく英語を学ぶ!★

Posted on

私たち日本人は中学・高校・大学と10年間に渡って英語教育を受けてきました。しかし、実際に「使える英語」を身につけている人はどのくらいなのでしょうか。学校英語で読み書きは出来るものの、会話力やビジネス英語といった生きた英語を話せる方は非常に限られています。こうした能力を伸ばすためには、ネイティヴの講師が少人数制で教えている英会話スクールや最近だとインターネットのテレビ電話を使用した授業を受けることで身につけることができます。しかし、こうした方法だと英語力を身につけるために何年間も時間がかかってしまい、コストや時間を多く費やしてしまうことになります。短期間で英語力を伸ばす方法として、近年注目を集めているのがセブ島留学になります。欧米に留学するのとは異なり、地理的にも近いフィリピンのセブ島留学ではアメリカの支配下に置かれていた歴史的背景もあり多くの市民が生きた英語を話しています。短期留学でもネイティヴ環境に触れることで大幅な実力アップを実現することが可能です。また、セブ島留学はリゾート環境で楽しく学ぶことも出来るため、アクティビティなどを通じて英語漬けの日々を送ることが出来ます。「ユニクリ留学ナビ」では、九州からフィリピン・セブ島へ留学するプランを提供しています。留学に当たって不安なことや疑問点にも丁寧に解答しています。「ユニクリ留学ナビ」を参考にして、セブ島留学を実現して楽しく英語を学んでいきましょう。

FireShot-Screen-Capture-#216---'ユニクリ留学ナビ'---unicre-philenglish_com

★宇治市の個別指導塾についてご紹介!人気の塾について特徴を交えて詳しく解説!★

Posted on

京都府第二の都市である宇治市は、府内南部に位置しており京都市内や大阪方面への通勤通学が可能な地域として多くの人口を抱えています。世界遺産として登録されている平等院や宇治茶といった名産も有名であり、今後発展が期待されている地域でもあります。教育機関に関しても、京都大学の宇治キャンパスが所在しているため、教育熱の高い地域とも言われています。宇治市はベッドタウン的な意味合いも持っている都市であり、多くの子弟が難関中学・難関高校・難関大学への進学を希望しています。具体的な学校名を挙げると、立命館宇治中学や高校、城南菱創高が所在しているため、進学塾や家庭教師も高い人気を誇っています。最近では、少人数制で授業を行う個別指導塾が注目されており、生徒と講師の距離が近く密な内容を講義できるため短期間で成績を大幅に向上させることができます。また、費用面に関しても家庭教師より安価に授業を受けることができるため、家計が苦しくても無理なく塾に通わせることができます。大手から地域に密着している中小の個別指導塾まで多く所在している宇治市において、「個別指導塾比較ランキング」を参考に塾選びを進めていきませんか。個別指導塾比較ランキングは、各個別指導塾について特徴や口コミ評判情報を公開するとともに、塾選びの基礎知識についてもコラム欄に詳しく掲載しています。個別指導塾比較ランキングを参考に、宇治市で人気の塾を選んでいきましょう。

個別指導塾 宇治市はコチラ

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

★地元から医師が目指せる!?九州の医学部予備校事情を徹底研究!!★

Posted on

医学部予備校といえば、東京や大阪のイメージが強いのではないでしょうか。実際に当該地域には数多くの校舎が集まり、合格実績が高い予備校も沢山あります。ただし、九州から都会へ出て勉強するとなると別途生活費が掛かってしまいます。ただでさえ医学部予備校の学費は高く、年間300万円から500万円かかることも珍しくありません。それに加えて寮やアパートを借りるとなったら、都市部は物価が高いので100万円以上の費用が上乗せされてしまいます。医学部に合格して医師になれば容易に回収可能な費用ですが、可能であれば地元九州に残って勉強するのが一番ではないでしょうか。九州は大手予備校のイメージが強いですが、医学部予備校も地域密着型の指導で毎年コンスタントに合格者を輩出しています。校舎は福岡に集中しており、合格実績も九州圏内の医学部に強いのが特徴です。九州には、旧帝大の九州大学を筆頭に、医学部として歴史の古い熊本大学、長崎大学、久留米大学の名門校が数多くあります。したがって、地元の医学部を目指す受験生には九州の医学部予備校はおすすめです。医学部入試は、地理に関係なく全国の受験生が志願してくるため、豊富な受験データと合格実績を持つ九州の医学部予備校で対策することは、それだけ他県のライバルに差をつけることが可能となります。いっぽう、首都圏や関西の医学部を目指す人でれば、当該エリアにある医学部予備校が実績は高いため、そちらで勉強するのがおすすめです。志望校に近い立地で勉強できれば、説明会やオープンキャンパスなどにも勉強の空いた時間を使って利用できるなどメリットがあります。したがって、自分が目指す志望校がある土地の医学部予備校に通うのがおすすめでしょう。

FireShot Screen Capture #133 - '九州で受験勉強!医学部予備校の選び方' - kyushu-medilabo_com

★充実した数を誇る大阪の予備校だから、医学部合格に最適な学習環境はきっと見つかる!!★

Posted on

大阪は、東京の次ぐ第二の都市なので、医学部の数も充実しています。そのため、医学部予備校も都市部を中心に多くの校舎が展開されています。大阪には、梅田、新大阪駅前、難波の3つのエリアに予備校が集中しています。どの地域も交通の便が良く、近畿圏内からでも通学ができるメリットがあるからです。医学部予備校についても同様に、当該地域で校舎が集まっています。地域密着型の医学部予備校が多いのが特徴で、主に関西圏の医科大学への合格実績が高いのが特徴です。したがって、関西の医学部を目指す人なら、豊富な受験データと指導ノウハウをもとに東京よりも効果的な学習が期待できるでしょう。最近は、大手予備校の河合塾が医学部専門校舎を北区に設置したことから多くの生徒が流れていますが、短期合格を目指すなら医学部予備校が一番です。医学部予備校は、少人数教育を採用しているので、生徒一人に対するフォローの充実度は大手に勝ります。また、学習管理も徹底されているので、自己管理が苦手な受験生でも豊富な学習時間を確保可能です。いっぽう、大手予備校は自由度が高くなるため、マイペースに学習したい人には向いていますが、途中で集中力が切れてしまう人が沢山いるので注意が必要です。ただし、国公立大学医学部を目指す場合は、大手予備校も含めて検討しましょう。医学部予備校には私立大学医学部に特化した校舎が沢山あるからです。大阪には、3大予備校を含めて数多くの予備校が集まっています。まずは、候補を複数に絞り、体験授業や説明会に参加してから相性の良い予備校を見つけ出すと良いでしょう。

FireShot Screen Capture #131 - '大阪の医学部予備校を徹底比較!!' - osaka-medilabo_com

★医学部合格率が魅力の進学塾ビッグバン!大阪や東京の医学部予備校で探すならココ!★

Posted on

進学塾ビッグバンは、2015年度の医学部合格率が80.3%(上位クラス)を超える高い実績を誇っています。大手に比べると生徒数が少ないため、合格者数も多くは見えませんが、合格できるチャンスは高いです。校舎は、大阪には茨木市、浪速区に2校舎、そして東京のお茶の水の計3校舎を開校しています。医学部予備校の中でも高い合格率を誇っているのは、圧倒的な学習の量と質を確保しているからです。生徒(高卒科)は朝の9時から夜の22時まで強制的に校内で学習することが課されています。進学塾ビッグバンでは、学習時間は大手の約3倍にも及ぶ2700時間となっており、業界を代表する講師陣が質の高い授業を展開しているため、着実に学力を身につけることが可能です。コースによっては、大手予備校が1年かけて行うカリキュラムを3回繰り返して学習するので、知識のヌケ・モレを防ぎ、深く理解していけます。また、自由度の高い大手予備校と異なり、徹底的に学習管理を行っているので、自己管理が苦手な受験生でも継続して勉強に専念できる環境が提供されているのでおすすめです。ただし、マイペースに学習したほうが学力を伸ばせるタイプの人にとっては、少し窮屈に感じるかもしれません。なので、まずは無料体験授業や季節講習を受講して実際の学習環境を体験してみると良いでしょう。医学部絶対合格に向けて徹底してストイックに学習したい人にとって、進学塾ビッグバンはおすすめです。

★医学部の偏差値だけでは決まらない!志望校の選び方を知って今年こそ絶対合格!!★

Posted on

医学部の偏差値で志望校を決める人がたくさんいますが、いくら学力が達していても不合格になる受験生が毎年たくさんいます。東大理三に合格したのに、慶應の医学部はダメだったなんて受験生もいるほどです。医学部受験は、偏差値60以上の優秀な受験生が集まるため、学力は均衡しているのが現状です。したがって、合格するための得点力を付けるためには志望校の過去問対策が重要となります。特に私立大学医学部の受験問題は大学ごとに特色ある出題傾向があるため、対策を疎かにしていると偏差値が高くても合格できないことが多いようです。逆を言えば、過去問対策でしっかりと出題傾向を把握して備えていた受験生は合格できます。したがって、併願対策として日程が許すだけ挑戦するよりも、志望校を絞って対策を行い受験したほうが合格する確率は高くなります。ただし、過去問を自分で研究して対策するのは難しいですよね。そんな人におすすめなのが医学部予備校です。少人数でアットホームな環境なので、生徒一人ひとりにフォローが行き届くメリットがあります。また、大学別の対策も万全なので、志望校に沿った準備が可能です。医学部予備校を選ぶ際は、志望校に合格者をコンスタントに輩出している予備校が、情報量もノウハウも豊富です。あとは、自分と相性が合わなければ学習の質に悪影響を及ぼすので、体験授業などに実際に参加して見極めてください。

FireShot-Screen-Capture-#340---'医学部偏差値ラボ※医科大学を比較ランキングで徹底分析'---医学部偏差値_com

★医学部の志望校選びは偏差値情報から!早めに決めて余裕のある対策時間を確保!!★

Posted on

医学部は大学入試の中で最も難易度が高く、私立大学医学部で一番容易と言われているところでも偏差値60以上は必要になってきます。そんな難関試験を少しでも突破するためにも、志望校選びは重要になってきます。志望校を選ぶ上で一番参考になるのが偏差値情報です。各医学部の難易度を把握することが可能で、自分の学力に見合った学校選びが可能となります。確かに、現時点での自分の学力は今後上がるかもしれないし、逆に下がるかもしれません。ただし、直前まで志望校選択を悩むよりは、受験対策を始める段階である程度絞っていくことが賢明です。志望校を早く決めておくメリットは、それだけ対策に要する時間があるということです。もちろん、まずは基礎学力を徹底し、医学部に必要な学習範囲を網羅していく必要があります。ですが、私立大学をはじめとして、医学部の出題傾向は大学ごとに異なっているので、過去問研究から志望校の出題形式・範囲に沿った対策をしておくことは重要です。大学別対策を疎かにしていると、偏差値では合格圏内であっても不合格になってしまう受験生がいるほどです。それだけ、志望校の対策は大切になってきます。また、志望校を決める際は、配点比率に注意します。自分の得意科目の配点比率が高い医学部は、それだけ得点を稼ぐことが可能になるので、合格の可能性も高まります。偏差値、出題傾向、配点比率などを加味して正しく志望校選び、早めの対策で合格を勝ち取りましょう。

医学部 偏差値はコチラ

★医学部の難易度は国公立が高いとは限らない!近年の医学部事情を紹介!!★

Posted on

医学部の難易度は、学費の安い国公立大学が安いと言われていますがそうとも言えません。近年では、私立大学の医学部でも相次ぐ学費の値下げが行われており、6年間の総額が2000万円程度の大学もあります。したがって、サラリーマン家庭でも私立大学の医学部へ目指すことが容易となり、今では多くの私立大学医学部が中堅国公立大学医学部よりも高い難易度を誇っています。例えば、順天堂大学医学部の難易度は、以前はそれほど高くはありませんでしたが、学費の大幅な値下げにより優秀な受験生を多く集めることに成功し、今では私立御三家と呼ばれている慶應や慈恵、日医に肩を並べる難しさを誇るようになっています。もちろん、国公立大学ではセンター試験を受験しないといけないことから、勉強する科目数が多くなりますが、一概に私立大学医学部の難易度のほうが低いとは言えません。次に、やはり都市部にキャンパスがあるほうが、医学部の難易度は高い傾向にあります。都市部は、受験人口が多いだけでなく、エンターテインメントや研修先の医療機関も充実していることから若い受験生には人気です。したがって、地方の国公立大学医学部の偏差値のほうが、東京の私立大学医学部よりも偏差値が低いケースも多くあります。したがって、学費を理由に国公立を目指すなら、四国や九州などの地方医学部がねらい目です。最後に、系譜によっても異なってきます。東大や京大、慶應など、旧帝大、御三家を前身とする医学部は、歴史が古く、多くの卒業生もいることから進路や出世では有利と言われており難易度も高いです。次に、旧制医科大学や旧制医学専門学校は歴史が古いため、実績もあり難しい傾向があります。なので、近年に医学部として誕生した新設医大は、歴史や実績が浅い分、狙いやすい傾向があります。このように、様々な要因によってレベルは変化してくるので、しっかりと受験情報をリサーチして志望校を選ぶようにしましょう。

医学部 難易度はコチラ

URL:igakubu-ranking.com

FireShot Screen Capture #137 - '医学部の年別難易度ランキング!!' - igakubu-ranking_com